FREEDOM Co., Ltd.|株式会社フリーダム

デザイン、加工について

TOP デザイン、加工について

クライアントのアイディアや想いを
カタチにします

「作りたい!」という思いを大切にし、デザインのご提案から
製作までトータルでサポートいたします。
専属のデザイナーが在籍しているので、具体的なデザインが決まっていなくても、安心してご相談ください。

デザインについて

まずは「どんな物を作るか?」を考えるため
フローチャートを使用し、Tシャツを例に一緒に考えていきましょう

取り扱いアイテム

Tシャツのほかにも、トートバッグやポーチなどのファッション小物、ノベルティ
などに使用できるステーショナリー関連まで幅広くお取り扱いしております

下記以外のアイテムの製作も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください


Tシャツ

マグカップ

タオル

ポーチ

バッグ

マスク

マグネット

クリアファイル

パーカー

加工について

イメージ通りのままに仕上げるため、様々な加工方法がございます
代表的な加工方法をご紹介いたします

プリント加工

プリント加工には大きく分けて、最も良く使われる「シルクスクリーンプリント」のほかに、小ロットにも対応しやすい「インクジェットプリント」や「ラバー転写プリント」などがございます。

シルクスクリーンプリント

Tシャツのプリントで一番ベーシックな加工方法。

1色ごとに版を作り、直接プリントする方法です。枚数が多くなるほど、1枚当りの単価が安くなります。
また、1色・1柄につきプリントする版を製版するため、デザインやカラーが少ないデザインに向いています。

  • クッキリ ラバープリント

    ラバープリント

    定番のプリント方法。淡色〜濃色まで、クッキリと綺麗にプリントできます。

  • 馴染む 水性プリント(染み込みプリント)

    水性プリント(染み込みプリント)

    水性の顔料インクを使用することにより下地に馴染んだ仕上がりになります。濃色ボディへのプリントには不向きです。

  • モコモコ 発泡プリント

    発泡プリント

    インク部分に熱を加えることで発泡剤がふんわりと膨らみ、モコモコと立体感ある仕上がりになります。

  • 雰囲気UP フロッキープリント

    クラック(ひび割れ)プリント

    古着のように表面が割れたプリント技法。インクを混ぜる量や版の厚さによって割れ方も変わるので、調整により雰囲気が変わります。

インクジェットプリント

小ロットで製作する場合や、フルカラーのデザインに向いた加工方法。

版を作らず、生地用のインクジェットプリンターで、直接Tシャツヘインクを吹き付けます。下地が濃色の場合、地色とインクの色が同化してしまい、プリントが見えなくなってしまいます。濃色には向かない加工方法です。

ラバー転写、箔押しプリント

チームTシャツの名前やユニフォームの背番号など、シンプルで線がハッキリしたデザインに適しています。単色が基本ですが、金や銀などの箔押しも可能です。比較的小ロットでの製作に向いています。

刺繍・ワッペン

製品に直接刺繍を施したり、ワッペン状にデザインを製作したりして、
取り付けることも可能です。

製品洗い・製品染め

縫い上がった商品を一度洗いにかけることで、仕上がりの風合いを出します。
また縫製などを終え、製品が仕上がってから最後に色を染めることで
生地から縫い目まですべてが同じ染料で染まり、独特の風合いが出ます。

加工について、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!