FREEDOM DESIGN&PRODUCT

デザイン、加工について

法人のお客様へ

TOP デザイン、加工について

デザインについて

まずは「どんな物を作るか?」を考えるため
フローチャートを使用し、Tシャツを例に一緒に考えていきましょう

制作工程

まずは「どんな物を作るか?」を考えるため
フローチャートを使用し、Tシャツを例に一緒に考えていきましょう

STEP01

お客様のご依頼内容を詳しくお伺いいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

STEP02

デザインデータ*が無い場合は、経験豊富なデザイナーが図案を制作いたします。
また、デザインデータがある場合はプリントに適しているか等、チェックいたします。
*デザインデータ:Adobe社イラストレーター形式のデータ等を指します。

STEP03

通常、1週間程度*で制作した図案をご提案させていただきます。
この時点でイメージと異なる場合は修正させていただきます。
*納期は目安です、詳しくはお問い合わせください。

STEP04

STEP03で図案に問題が無かった場合、製作させていただきます。
仕上がった商品はご指定の場所へお届けいたします。

加工について

イメージ通りのTシャツに仕上げる為、様々な加工方法がございます
代表的な加工をご紹介いたします

プリント加工

プリント加工には大きく分けて、最も良く使われる「シルクスクリーンプリント」
小ロットにも対応しやすい「インクジェットプリント」や
「ラバー転写プリント」などがございます。

シルクスクリーンプリント

一番ベーシックなプリント方法です。版を作るため、大量生産にも向いています。
(3色以上使う様な多色刷りにはあまり向かない方法です)

  • クッキリ ラバープリント

    ラバープリント

    定番のプリント方法。淡色〜濃色まで、クッキリと綺麗にプリントできます。

  • 馴染む 水性プリント(染み込みプリント)

    水性プリント(染み込みプリント)

    水性の顔料インクを使用することにより下地に馴染んだ仕上がりになります。濃色ボディへのプリントには不向きです。

  • モコモコ 発泡プリント

    発泡プリント

    インク部分に熱を加えることで発泡剤がふんわりと膨らみ、モコモコと立体感ある仕上がりになります。

  • 高級感 フロッキープリント

    フロッキープリント

    ベルベット素材の様なシートを貼り付け、表面を浮き立たせます。高級感のある仕上がりになります。

インクジェットプリント

家庭用プリンタ同様、版を作らない為、小ロットでも比較的低コストで製作できます。
フルカラーのデザインにもオススメ。(基本的に濃色の素材には加工不可)

ラバー転写、箔押しプリント

チームTシャツの名前や背番号などに用いられることが多いです。
細かい線などが苦手なので、単色×シンプルなモチーフをオススメします。
金や銀の箔押しプリントも可能です。

刺繍・ワッペン

製品に直接刺繍を施したり、ワッペン状にデザインを作り
それを取り付けることも可能です。

製品洗い・製品染め

縫い上がった商品を一度洗いにかけることで、仕上がりの風合いを出します。
また縫製などを終え、製品が仕上がってから最後に色を染めることで
生地から縫い目まですべてが同じ染料で染まり、独特の風合いが出ます。

加工について、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!